本文へスキップ

酵素 肉 魚

酵素と肉・魚

生の魚や肉にも酵素が豊富に含まれています。ただし、酵素が含まれているのは生の肉や魚ですから、生肉には抵抗があるという人もいるかもしれませんね。

馬刺しやユッケも今では制限が多くなかなか食べられないのが現状です。

実は加熱調理されたものよりも生の肉ほうが消化には良いのですが、新鮮でなければ食中毒など他の問題があるので、注意が必要です。

加熱した肉は酵素を減らす
加熱した肉の酵素

また、加熱された肉や魚を食べることは、酵素を摂取するどころか、逆に酵素を減らす行為になってしまうことをご存知でしょうか。

加熱した肉や魚を食べすぎてしまうとたんぱく質が余ってしまって胃に大きな負担をかけることになってしまうのです。

なぜ野菜を食べなければいけないのか?
野菜酵素
その為に野菜や果物を食べ合わせる必要があるのです。野菜や果物の酵素がたんぱく質を分解を助けてくれます。

出来れば野菜は食べる肉や魚の二倍の量を食べるようにしましょう。

胃に負担が掛かっていると感じる前に生の野菜をたっぷり食べる必要があります。要は消化酵素をスムーズに働かせるためには食べ合わせが肝心ということです。

食べるのにも酵素を使っているわけですから、酵素が豊富に含まれているものを選びながら食べれば消費される分を補えるというわけです。

加熱した肉や魚は酵素を消費してしまうことになりますから、その分食べ合わせるものを考えて酵素をしっかり補って置かなければなりません。

刺身や寿司は好き嫌いもあるかもしれませんし、やはり酵素摂取ということには良いですが、こちらも食べすぎは注意してほどほどにしておきましょう。

寿司 酵素

酵素摂取に関しても重要なことですが、何を食べるにしてもほどほどに全体のバランスを考えながら食べ合わせるようにしていきましょう。